MENU

顔汗が出る病気って

顔汗,病気

顔汗はある程度の量なら出るのは当たり前なのですが、中には汗の量が明らかに通常とはかけ離れた寮になっている人がいます。汗が止まらないと本人も不快感を覚えますし、アトピー体質の人は症状が悪化しやすいという問題が起こります。それに周囲に変に思われているのではないかというストレスや不安感がさらに症状を悪化させてしまうので、制汗剤やジェルでその場しのぎの対策をして終わりとするのではなく、ちゃんと医師の診察を受けてからしかるべき治療をしましょう。
顔汗,病気
顔汗が出る病気は顔面多汗症が考えられます。まだはっきりとした原因は解明されていませんが、交感神経の働きが過剰になってしまうことが関連しているのではないかと推測されています。先天性のものは思春期に発症し、後天性のものは更年期障害や糖尿病、甲状腺の異常などで発症します。後天帝の場合はその原因となっている症状や病気が治まれば汗も落ち着いていくことが多いです。
異常な顔汗に重篤な病気が隠されていることがありますから、放置してはいけません。顔の片側だけ発汗量が多い場合は、大動脈瘤や腫瘍が顔の交感神経を刺激している恐れがありますし、全身の汗もセットで多いなら甲状腺や自律神経の異常が疑われます。自分の体のサインに従って病院に行けば解決の糸口が見つかるので、怖がらないようにしましょう。

 

顔汗対策ならさらっとひと塗りでOKなサラフェはこちら
■http://salafe.com/